こんにちは。

最近は少し病状が落ち着いてきたちよこです。

先日、双極性障害かも?との話を書きましたが、具体的にどんな行動をしていたのか

思い出しながら書いていきたいと思います。

何十万もの浪費

私はとある趣味(けっこうお金がかかる趣味です)に鬱になる前から

はまっていたのですが、急にその趣味にお金をバンバン使い始めました。

いくら使ったかは不明ですが……。

毎月のクレカ引落しが10万円を超えている&貯金を使い果たしたくらいですので、

数十万単位でお金を使っていたことになります。

(100万は超えていないと信じたい……)

それでもクレカの引落し額にはなんとも思っていませんでした。

「やっべー使いすぎちゃった、てへ☆」くらいの感覚でした。

今考えると恐ろしいです……。

 

友達へのお節介

これもやってしまったなぁと後悔している事の一つです。

私は地元の古くから付き合っている友人がいたのですが、

その友人に対してとんでもないお節介をしていました。

「結婚しろ!!!」と。

そりゃあもうとんでもないお節介BBAぶりでした。

頼まれてもいないのにお見合いのようなものをセッティングしたり、

「あなたはこうだから結婚できない」と上から目線でお説教したりしていました。

そういう時も完全に何かのスイッチが入っているような気分でした。

「私はいいことをやっている!彼女のためになる!」と。

とんでもない勘違いですね。

そうしてお節介をし続けた結果、見事に縁を切られました。

最後の彼女からの報告は「私、結婚します」。

私に相当ムカついていたんだと思います。本当に悪いことをしました。

 

突然の引越し

先日も少し書きましたが、唐突に引越しを敢行しました。

急に「この家は家相が悪い!!」と言い出したそうです。

(よく覚えていないんです……)

そしてすごい勢いで物件を探し出し、引越し業者に見積もりを出し……。

あまりの勢いに旦那は「怖くて止められなかった」と言っていました。

しかもその時の記憶があまりないんですよね。

むしろ旦那が率先して引越しをしてくれたとつい最近まで勘違いしていました。

そうして身の丈に合わない高級マンションに引越して半年。

見事にお金が無くなり、元々いた古い社宅へ戻ることになりました。

でもこのおかげでようやく本気でお金の節約を意識し始めました……。

 

まとめ

書けば書くほど、自分のやばかった時期の事を思いゾッとします。

なんだったんだろうあの時期は、と思います。

でも、趣味に浪費したのも友達を見下してお節介したのも、

もとは自分の心の中にあったものなんだろうと思います。

それが病気のせいでわーっと出てしまったんだろうなと。

だからその行動に対して言い訳をするつもりもないですが、

せめて病気のせいだったと思いたいです。

そうじゃなきゃあんなおかしい行動をするわけがないですから。